パン、お菓子関連

トランスファットフリーの「オーガニックショートニング」とは?調査してみた!危険性はないの?安全性は?原料の「アブラヤシ」「パーム油」とは?

Ⅰ.トランスファットフリーの「オーガニックショートニング」とは?

1)まずは彼のプロフィール,゚.:。+゚

☆有機JAS認定、欧米のオーガニック認証取得
☆酸化防止剤・保存料・乳製品不使用
☆コレステロール0.001%
トランス脂肪酸1%未満
☆アレルギー特定原材料等25品目含まず

noraneko

この肩書、すごすぎませんか!
彗星のごとく、世に出てきた優秀な彼☆彡
あなたはだれ??本当に大丈夫なの?

2)ふるさとはコロンビア

coffee

彼のふるさとは”コロンビア
標高2600mという高地にあり、
コーヒーではもちろん有名な国ですね^^

南アメリカの上の方、5つの国
(ベネズエラ、ブラジル、ペルー、エクアドル、パナマ)に囲まれ、

北はビーチリゾート「カリブ海」に面しています。

歴史的には内戦が絶えず、長い間危険な国でしたが、
2017年に”サントス大統領”が、50年に渡る内戦の終結を宣言し、現在は平和な国となっています。

rose_ichirin

世界遺産「カルタヘナ」、薔薇やカーネーションなどの「切り花」塩の教会」でも有名な国です。

noraneko

いつか行ってみた~い
(^-^)♡
さて、彼はこの国の”サンタマルタ”にある、
アブラヤシ」の農園で生まれたそうですよ!

Ⅱ.「アブラヤシ」って?

1)アブラヤシってどんな植物?

世界で一番多く流通している油脂「パーム油」の原料となる植物です。
(パーム油の80%以上は「マレーシア」と「インドネシア」産です)

palm

成長すると20mにもなるという、
ヤシ(ココナツ)の木に似た植物。

高温多湿の熱帯地域で育ちます。

注)「ヤシ油」は「ココナツオイル」の事です、別のものですよ^^

2)「アブラヤシ」はすごいんです!!

①生産効率の良さ

アブラヤシは1年を通して実をつけます。
なので単位面積あたりの収穫量が他よりもはるかに高いのです!!

大豆油なたね油と比べて8~10倍もの生産が可能です。

そのため価格も安く、安定した供給が可能なのです。

②固体、液体どちらもOK!

一般的に、
動物脂肪」は”パルチミン酸(飽和脂肪酸)を多く含み、
植物油」は”オレイン酸”(不飽和脂肪酸)を多く含みます。

パーム油は「植物油」なので、”オレイン酸”を多く含んでいますが、
他の植物油と大きく異なる特徴は、
パルチミン酸”も豊富に含んでいることなんです!!✨✨

noraneko

ぱるちみん・さん??((+_+))

※wikipediaより


パルチミン酸
(飽和脂肪酸)

オレイン酸

(不飽和脂肪酸)
融点63℃
(常温で固体)
13℃
(常温で液体)
バター52%24%
ラード40%56%
パーム油45%40%
大豆油11%25%
菜種油4%64%
バターは固まりやすく、ナタネ油はサラサラ、パーム油はどちらの特徴も兼ね備えています

パーム油の脂肪酸を分別し、
オレイン酸”を減らせば固体、”パルチミン酸”を減らせば液体

水素添加※”をしなくても、溶ける温度の異なるパーム油を作ることができるんです!

※水素添加:常温で液体の油脂から半固体、固体の油脂を作り出す方法、「トランス脂肪酸」が生成される事より問題とされている。


そのため、さまざまな用途に使うことができるんです!!

気温20℃のショートニング

固形のパーム油は口の中でとろけるので、チョコレートやアイス、マーガリン、ホイップクリームの代替品として使うことができます。

こんな便利で効率のいい油は他にありません!
だから、世界中の国々がパーム油を輸入しているんですね~

noraneko

へぇ~~すご~い
(*゚∀゚),゚.:。+゚

3)「パーム油」の人気がありすぎて・・・(>_<)

1980年代から急激に生産量が増え、
環境問題は深刻化しています。

「パーム油」は、とても役に立つ原料なんです。
ところが人気が出ると大量生産になり、
そして毎度のこと、「環境破壊」「地球温暖化」「現地住民の不当労働」など、いろんな問題がでてくるんですね~😔

noraneko

資本主義社会の宿命なんかな・・・😭

さて、そんな中、こんな農園ができたんです。
コロンビアに戻りましょう!

Ⅲ. コロンビアの農園

1)徹底した一括管理体制

~「どじょう」から「しじょう」まで~

土壌(原料の栽培)から、市場(加工・販売)まで全てに関わって管理され、「トレーサビリティー」による「追跡調査」ができるようになっています。

noraneko

自分たちで原料を作り、加工して、自分たちでマーケットへ売りに行くんだから、安心だよね!

2)品質を保証する3つの認証

① 有機JAS認定

アブラヤシは”多年生作物”なので、
「収穫の前の3年間以上、原則として化学的肥料および農薬は使用していない
また、遺伝子組み換えの種や苗は使用していないという事が保証されています。

② HACCP

食品の安全を守るための衛生管理手法である「HACCP(ハサップ)も取得済。毎年検査を受けています。

③ レインフォレスト・アライアンス認証

「レインフォレスト・アライアンス認証」のマークは”蛙”です

●森林をばっさいしたり、焼き畑は行なわず、しぜんの循環を生かした有機農法

●生産工程のすべてで環境に負荷をかけない

●従業員は近隣の地域社会の住民で、すべて正社員

この農園と施設を管理しているのが、”ダーボン・グループ”です。

noraneko

だーぼんさん、
すごい!(*゚∀゚),゚.:。+゚

☆ダーボンのストア「オーガニックマウンテン」はこちら⇩

”Organic mountain” by DAABON

Ⅳ. 「オーガニックショートニング」になるまで

1) 圧搾法(あっさくほう)

農園で育てられた「アブラヤシ」は溶剤は使わず、圧搾法※で抽出し、
高品質なオーガニックパームとなります。

※圧搾法:物理的に圧力をかけて、油をしぼり取る方法

2) 無水素添加製法(むすいそてんかせいほう)

オーガニックパームを原料に、水素添加をしない「無水素添加製法」により固形化し、高品質なオーガニックショートニングとなります。

noraneko

今回の調査結果。

オーガニックショートニング氏は、家柄もよく安全、環境にやさしく地域の方々にも配慮できるステキな方でした👍(^-^)♡

参考にさせて頂いたサイトです↡

3分でわかるパーム油

きっと今日も私たちはパーム油を食べている


《オーガニックマウンテン》
トランス脂肪酸フリー有機パーム油ショートニング【680g】

こちらのショートニングは、マーガリンのような色合いと柔らかさです。(気温20度の時)
使用最適温度は29℃以下で、融点は36℃になります。

バターの代わりに使うときは、同量で置き換え
揚げ油として使ったあとは、冷えると固まるので、そのまま捨てることができます。

最安値☆ 1380円(Amazonprime)※価格は変動しますので、ご確認ください。


スポンサーリンク


【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング
パン作りの道具類
国産小麦

コメントを残す