パン、お菓子関連

”春まき小麦”と”秋まき小麦”の違いは?『はるゆたか』と”初冬まき”、『キタノカオリ』と”穂発芽”/パン教室講師が徹底解説!

blu

初冬まき小麦「はるゆたか」

※画像は全て”江別製粉”さんの「画像ライブラリー」からお借りしています。

にゃんこさん

小麦には「春まき」と「秋まき」があるらしいんだけど、
どう違うのかな?

noraneko

こんにちは、パン教室講師noranekoです
今回は、小麦の栽培方法の違いについて、徹底解説します!

Ⅰ. ”秋まき”と”春まき”、”初冬まき”の違い

1)まず、3種の小麦の特徴を比べてみよう!

それぞれ、得意なことと弱点が違います。

栽培方法秋まき春まき初冬まき
銘柄キタノカオリ
ゆめちから
春よ恋
春きらり
はるゆたか
多雨

(寒さ)
寒さ 寒さ 発芽状態なら冬越し可

2)3種の栽培カレンダーを見比べてみよう!

秋まき春まき初冬まき
種まき9月~収穫は7月種まき4月~収穫8月種まき11月~収穫7月
9月種種まき
10月ハツガ0発芽
11月ハツガ越冬種種まき
12月ハツガ越冬 ハツガ0発芽
1月 ハツガ越冬 ハツガ0越冬
2月ハツガ越冬 ハツガ0越冬
3月ハツガ越冬ハツガ0越冬
4月ハツガ2雪どけ種種まきハツガ0発芽ハツガ雪どけ
5月セイチョウ3セイチョウ4ハツガ2セイチョウ3セイチョウ4
6月カイカ2開花セイチョウ3セイチョウ4カイカ2開花
7月麦収穫(多)カイカ2開花 麦収穫
8月豪雨豪雨麦収穫豪雨
秋まき 春まき 初冬まき
noraneko

おどろくことに、種まきの時期が3つともバラバラなのに、収穫時期は同じころなんだよね!

にゃんこさん

ほんとだ!7月8月に集中してるんだね!

Ⅱ. 3つの栽培方法の違い

1)秋まき小麦とは?

秋まき小麦「ゆめちから」

9月中旬に種をまき、雪の下で冬を越し、翌年7月下旬~8月上旬に収穫。栽培期間は10か月

☆「秋まき小麦」は元祖

小麦は元々「秋まき作物※」です
雪の下は0℃以下にはならず、ほどよく湿度もあるので、約5か月間じっと春をまち、雪がとけると小さな芽は勢いよく伸びていきます
秋まき小麦」は栽培期間が長いので、収穫量も多く効率のいい栽培方法なのです

チェックポイント

”中力粉、薄力粉”が「秋まき小麦」です
”パン用粉”は、基本「春まき」ですが、近年は品種改良により「秋まき小麦」の”強力粉”が登場しており、それが「キタノカオリ」と「ゆめちから」です

2)春まき小麦とは?

春まき小麦「春よ恋」

4月~5月に種をまき、8月上旬~中旬に収穫、栽培期間はわずか4か月

☆「春まき小麦」が誕生したのはなぜ?

冬の気温がとても低い地域ではさすがに「秋まき小麦」も耐えることができません🥶
そのため、冬を越さなくても穂を出す種類が選抜され、品種改良された結果「春まき小麦」が誕生しました
それが、たんぱく質量が高くグルテンの豊富な粉強力粉パン用粉となったわけなのです

現在、「春まき小麦(強力粉)を生産している地域は、冬の厳しい北ヨーロッパ、ポーランド、ロシア、北アメリカ大陸北部、北海道の一部です
・・・寒さが苦手で冬を越せない「春まき小麦」が、なぜか寒い地域で栽培されている不思議(~o~)

チェックポイント

”パン用小麦”は「春まき」ですが、日本では、収穫期の8月に雨が多く、赤カビ病穂発芽(ほはつが)になりやすいデメリットがあります

はるゆたか」はこの8月の気候で赤カビ病に悩まされ、春まきを断念しました(泣
・・・そのため、”幻の粉”と呼ばれているんです
その後、雨や湿度に強く改良された「春よ恋」とその後継「はるきらり」が、現在「春まき小麦」として生産されています

3)初冬まきとは?

初冬まき「はるゆたか」の越冬

11月の雪が降る直前に種をまき、芽が出始めてすぐに雪が積もり冬を越します。翌年7月中旬に収穫、栽培期間は8か月

☆「初冬まき」はなぜ誕生したのか?

生産中止となった「はるゆたか」の種子が偶然”秋まき”に混じり、雪解けのあと発芽した苗が発見されたことから「初冬まき」の可能性が見いだされ、試行錯誤の結果「初冬まき栽培」が可能となったんです!!

雪解けの”はるゆたか”

冬を越した”はるゆたか”の新芽です

チェックポイント

「はるゆたか」は、発芽して葉が広がらない状態なら、雪が積もっても越冬できるということが判明しました(「春よ恋」は合わなかったようです)

「初冬まき栽培」のメリットは、「春まき」と比べ10日から2週間程度収穫が早まるので、8月の雨の被害(赤カビ病穂発芽☆)を避けられることにあります

☆「はるゆたかの父」片岡さんの動画です(いいね♪してください)

noraneko

「春まき小麦」を”ハルコ”、「秋まき小麦」を”アキコ”と言っておられましたね^^
試行錯誤の結果うまれた「初冬まき」栽培。このおかげで「はるゆたか」は安定生産が可能になったんです

7月「はるゆたか」の収穫

にゃんこさん

もう幻なんて言わせない!って感じだね。
でも問題の”ホハツガ”ってどういうこと?

Ⅲ. 「穂発芽」(ほはつが)ってどういうこと?

雨と麦

※こちらは「O-DAN(オーダン)」さんの無料画像です

1)「穂発芽」とは?

ムギやイネに発生する現象で、
作物のたねが穂についたまま「芽」を出してしまうこと

発芽した種子は、胚乳にあるデンプンタンパク質を分解して成長するので、品質が低下してしまいます

※特に、秋まき小麦「キタノカオリ」は、雨に弱く穂発芽しやすい特徴があります

2)原因は2つ

  1. 長雨による高湿度状態での吸水刺激で発芽してしまう
  2. 収穫時期の気温低

3) 穂発芽になると・・・

デンプンタンパク質は、パン作りには欠かせません。それが分解されてしまうと、パン作りに向かない小麦になってしまい、製粉業者が買ってくれなくなります
飼料として安く売ることも難しく、農家にとっては大打撃となるのです

Ⅳ. まとめ

今やパン用小麦は「春よ恋」と「ゆめちから」が主流の時代になりましたが、
生産が難しかった「はるゆたか」や「キタノカオリ」も農家さんや関係者の方々の努力で現在も生産されています

はるゆたか」は”初冬まき”の成功でとても手に入りやすくなりました(一部「春まき」するものもあります)
雨に弱い「キタノカオリ」も、雨をはじく工夫など試行錯誤しながら、少量ではありますが生産されています。この2種は、とても香りが良く、日本を代表する小麦です

noraneko

勉強になって頂ければ幸いです
ご訪問ありがとうございました!

こちらも良かったらご参考に⇩

小麦粉
小麦粉はどうして「コナ」状なんだろう?【小麦の基礎知識】小麦と米・自給率・秋まき、春まきの違い/パン教室講師が徹底解説!パン作りの主役、「小麦粉」について今更、そもそもな知識をわかりやすくお伝えしていきます。ご興味あれば覗いてみてください。読んだら「小麦粉」の奥深さやすばらしい特性など、知って頂けると思います。...

質問や感想などございましたら一番下の「コメント欄」または「問い合わせフォーム」からお願いいたします。
ありがとうございました!


スポンサーリンク

【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング
oum
sum

コメントを残す