パン、お菓子関連

今さら聞けない「マジパン」とは?種類、使い方、作り方

blu
noreneko

にゃんこさん、今年も「マジパン入りシュトレン」作りましょうか?

にゃんこさん

え、「マジパン」って、なに?パン?

Ⅰ. 今さら聞けない「マジパン」?

1)パンではない。

別名、「マルチパン」とも言いますが、「パン」ではなく、スペインドイツシチリアなどの名物として知られている「洋菓子」の一種です

2) 読み方

  • スペイン語で、「マサパン (mazapán)」
  • ドイツ語では「マルツィパン(marzipan)」
  • イタリアでは「マルツァパーネ marzapane)」
  • 英語では「マージパン (marzipan)」
noreneko

日本では英語由来の「マジパン」がメジャーです

3) 何でできてる?

アーモンドパウダー砂糖卵白などを混ぜてペースト状にかためたもの
家庭でも簡単に作ることができます
マジパンペースト」と「マジパンローマッセ」の2種類があり、それぞれ用途や材料の比率が違います

Ⅱ. マジパンの2通りの使い方

1) マジパン細工(マジパンペースト)

☆細工に使う時は、砂糖とアーモンド1:1の「マジパンペースト」を使用

マジパンペースト 1kg / 大東カカオ マジパン細工 製菓材料

マジパン人形などを作る細工用
細工がしやすいよう砂糖が多く含まれ、色も白く、アーモンドの粒がほとんどなく、なめらか
ペースト状になった状態のものが販売されています

マジパンペースト 1kg / 大東カカオ マジパン細工 製菓材料
けーきとマジパン

「マジパン細工」は、さまざまな形に造形して着色した、一口大のものが一般的
果物や野菜の形をしたものが多く、そのほかにも動物や人物など、いろいろな形のものがあります

noreneko

日本でも最近は「マジパンアート」として人気があるそうです

2)マジパンローマッセ(ローマジパン)

☆こちらは、砂糖とアーモンド1:2の「マジパンローマッセ

お菓子作り・パン作り
主に「シュトーレン」に使うもので、「マジパンを食べる」ことが目的

風味を大事にするためアーモンドが多く、色も茶色っぽく、粒が残った状態で少し粗い

ドイツ リューベッカ社 マジパン ローマッセ 1kg (常温)
のらねこシュトレン

主に焼き菓子などに混ぜ込んで使います。生地のしっとり感を出したり、風味をアップします

クリスマスの伝統菓子「シュトーレン」
マジパンの水分が生地になじんで、しっとり感が増し、アーモンドの風味が増し、コクが出たり、時間が経つほど熟成され美味しくなります

3)「シュトーレン」用「マジパン」基本レシピ

全部混ぜて粉けがなくなり、ひとまとまりになったらラップして冷蔵します

材料
アーモンド粉23g
粉糖13g
ラム酒小さじ1/2
牛乳 (かたさの調整用)3g(加減する)

Ⅲ. ドイツの「マジパン」

1)ドイツでは主役級の人気者

日本で「マジパン」は、「シュトーレン」に入れる以外、食べることはほとんどありません
ケーキに乗ってる人形ぐらいしか見たことないのではないでしょうか?

ドイツでは、そのまま食べたり、ケーキの生地に使ったり、チョコレートに入れたり、さまざまな使い方があり、とてもメジャーなお菓子なんです

にゃんこさん

日本では影がうすい存在だけど、ドイツでは主役級の人気者だとは!

2)「マジパン」のふるさと、リューベック

北ドイツの「リューベック」
旧市街がまるごと世界遺産に登録されている町です

15世紀(1407年)にリューベックは飢饉でパンが食べられなくなりました
アーモンドが倉庫にたくさん残っていたことから、
町のパン職人に、「アーモンドと砂糖でパンを作るように」と呼びかけたことが始まりだったそうです
アーモンドをパンのように成型して人々に配ったそうです

にゃんこさん

そういえば、”パンがなければ「マジパン」を作ればいいじゃない?”
って誰か言ってたような・・

noreneko

ひゃはは!それは「マジパン」じゃなくて「ブリオッシュ」だよ~
フランスのマリー・アントワネット”の言い伝えだね^^

この街の”ニーダーエッガー”というお店が「マジパン」の聖地として有名で、「マジパン」の博物館もあるそうです⇒https://niederegger.jp/

にゃんこさん

今は難しいけど、行く機会があったら行ってみてくださいね!

3)ドイツ発祥の「シュトーレン」についてはこちらへ⇩

「シュトーレン」の食べ方、保存方法、アレンジ、パン教室講師おすすめ今さら聞けない「シュトーレン」(シュトレン)ってなに!という方の為に、現代までの歴史や地理もからめて、その謎をわかりやすく説明します、その4は現在の「シュトレン」事情、食べる時期、食べ方、保存方法、日持ち、合う飲み物、アレンジ、カロリー、栄養価、おすすめ、商標登録、ベーカーズパーセントなど・・・...

この記事がもしお役に立ちましたら
ぽちっと応援して頂けると喜びます♡

にほんブログ村 料理ブログ パン教室へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


oum
sum

コメントを残す